S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

information

●伽羅● いちおう社会人。
好きなものは若手俳優、読書、パソコン、睡眠、食事、音楽などなど。テニスは青春!
現在若手俳優とももクロちゃんに夢中!三次元こえええ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてます

生きてますよ、しばらく日記書けてませんが生きていますよ…!
こう最近いろいろおでかけしたりバイトでぐったりしたりで全然パソ子開けてなかった^^;
そんな怒涛な日々を振り返ってみようと思います!

金曜→レポート提出してカラオケ行ってしゃぶしゃぶ!!やっと来ました春休み!
とりあえずレポートが28ページとかいってしまって本気でホチキスでとめられませんでした^q^先生ごめんね
そのあとは友達とカラオケ行ってしゃぶしゃぶ食べたんだ!すっごい楽しかったー!いやーやっぱり打ち上げってのはいいですね!ね!

土曜→朝からバイトのちダッシュで都内へ!友達とごはん食べてきた!
本当に久しぶりにあったお友達だったのでいろいろ喋りすぎました^^最近のわたしはそろそろ黙ることを覚えた方がいいと思います

日曜→友達に誘われて、江戸文学散歩なるものに行ってきた!わたしゼミ生じゃないから完全部外者だったけどね!
学部長の無料ガイド付きだったし、なにしろいっぱい歩いたら痩せるかなーって思って参加してみました^^
とりあえず大学の発祥の地からスタートして、浅草寺まで5時間くらい?歩き通しでした…しんだ…
歩きまくったおかげで、家に帰ったら血豆が出来てたし、足パンッパンでした^q^
あとこの日すっごく寒くて最後の方本当にしぬかと思いました
そうです、何を隠そうわたしは寒さが苦手なのです。(へえ
でもいろいろ都内の神社とかに行けたし、まあいい経験かと^q^写真も何枚か撮れたし^^(最後は寒すぎてシャッターきれなかったのでほんとごく数枚)
そのおかげかちょびっと痩せてたよー!やっほー!

んで月曜はバイトで、昨日は母と一緒に舞台見てきました!
大東くんが出てる金閣寺です!場所が横浜だったから帰りに中華街とか行ってきた^^
いやー豚まんに小籠包おいしかったー!
舞台はとてもすごかったです…いろいろ長くなりそうなので、追記に感想をば!
ネタバレありだよ!
まずわたしは原作を読んでいったわけなのですが、いまいちお話がピンときませんでした(がんばれ文学部)
わたし本当に三島文学が苦手でして…金閣寺も何回か読もうと思って断念しているんですね。
だからこの公演決まったときに、まずあの独特な世界観をあらわせられるのか、っていうのがとても気になるところでした。

とりあえず一番最初にびっくりしたのが、剛くんの演技力でした!
大東くん高岡くんは演技うまいよなーっと思ってたんですが、ごうくんはじゃにーずだしもごもごryとか思ってましたごめんなさい!
そしたら本当にすごかった!今までチャラいとか思っててごめん!パンフも読んだけど、すっごくストイックな人なんだね!意外でびっくりだった!

なんか書くこといっぱいあるのでまとめてみます^^

溝口(ごうくん)
吃りの表現がすごかった!原作まんまのイメージだった…!
いろいろ溝口の葛藤部分とか、そういう難しいところをうまく表現してるなあ…と…本当にすごかった…

鶴川(だいとうくん)
まずは髪型に驚いた^q^初日のブログでええええええ髪の毛ええええ!!!と思いました
でもなんか意外とすんなり受け入れた…大丈夫だった…
これも原作の時点ですっごいぴったりだなあ、って思ってたけど、本当に原作通りきらきらしてて明るい鶴川だった!とても無邪気すぎてわたしが恥ずかしかった(何故)
あと白シャツが眩しかった
ただやっぱり影の部分がちょこっと出てたりしてて、そこはさすがだなあと思いました

柏木(たかおかくん)
これは本当にこの3人の中で一番ぴったりだと思ってた!実際ただの柏木だった!
あとあの足はすごかった…絶対大変だったよなあ…
悪い部分、というかそういう部分を溝口に語るときの迫力がはんぱなかったです
あとは最後のナレーション噛んでました^^(こうゆうとこばかり気になる)


このお芝居、3時間あったんですけど、ミュージカルみたいに音楽とかは全くないし、効果音があるくらいだったのでがっつり舞台!ってかんじでした!ちなみにわたしは途中途中意識を失ってましたごめん!でも話は繋がってたから長い時間は寝てないと思いますごめん!

すごく驚いたのが、幕とかがなくて最初から出演者が舞台に立ってたことでした…え、最前のお客さんとかみんな見放題ですけど!しかも近いんですけど!
それで小説の冒頭部分を皆で朗読するところから始まりました。
勿論大東くん、高岡くんも鶴川・柏木じゃなく、ナレーションとして参加してました(お洋服が違いました)
そして芝居へと続くってかんじです。

効果音を人が出していて(ボイパ的な)すごかった!
演出の面で言うと、後ろの画面を使って海をつくったり、光と音で電車内を表現したり、あえて客席側に金閣寺があるようにしたり、本当にすごいなあーと感心しきりでした。
あと手作業で机とかの物を動かして階段をつくったり、不思議なかんじだった…
壁とかも人が動かしてたり、芝居と連動して舞台装置も人が動かしてるのがすごかった!なんかもうすごい、としか言えないけど、こんな舞台初めてみました。
あ、坊主の一日を表すシーンとかもおもしろかったです!
5時起床→新聞を届ける→薬石→掃除→薪割りとかのシーンをリズムにあわせてダンスみたくするんですけど、そこがほんとうに良かった!とってもおもしろかったしみんなの動きがぴったりあっててなんだかかわいかった!
なんていうかピピンを思い出しました…!こうゆう動きがいちいち細かくて良かった!
あと老師との会話が障子を挟んでしてて、老師の影だけが出てたり、なんだか雰囲気が伝わってきて良かったなあ…
やっぱり亜門さんてすごいひとなんだなーと。
あえて金閣の美しい姿を客席に見せないで、金の輝きだけを光で表現してたり、そこはやっぱり見ている人の感性に任せる、ってかんじなのかな。
あと金閣が燃えるとこでは、観客側にも火のメラメラ燃えているかんじが伝わるようになってました!
よく火の近くに行くと自分たちが照らされて周りが明るくなると思うんだけど、本当にああゆうかんじ!
一番感動したなあ…
とりあえず舞台の奥行きがすごかった^q^普通の舞台の倍くらいあるっしょ
なんか普通舞台って横長だと思うんだけど、ここの会場は正方形に近かった^^

三島作品の独特なかんじがここまで表現できるなんてすごいって思いました!
しかしあれだよね、三島さんてお耽美っていうかああゆうシーンがあったり、あとはひたすら同性愛が^q^
多分これはわたしが見ているからだと思うけど、完全に鶴溝からの柏溝からの柏鶴でしたごちそうさま!
いちいち鶴川が溝口の肩を抱いたり、柏木に嫉妬したり、ちょっとドヤ顔の柏木だったり、もうなんなの付き合ってるの!?
あとすごく気になったのが、大東くんが大きいのかごうくんが小さいのか、完全に大人と子どもでした^^体格差
時々木山先生に見えました…溝口を諭してるあたりが。
ちなみに母は「大東くんて見栄えするね!おっきいね!」と感激しておりました


原作だと意味がよくわからなかったんだけど、柏木の「世界を変えるのは認識だ」って言う言葉が、舞台を見てようやっとわかりました!なんかこの言葉のために、それまでの柏木の行為があったんだなあ、と思いました
そしてそれに対して溝口の「世界を変えるのは行為だ」っていう言葉も、本当に深いなあ…としみじみ思いました
ほんと原作読んで行って良かった。きっと舞台だけでも原作だけでもこの意味はわからなかったんだろうなあ

あと小説読んでて絶対舞台で入れて欲しかったのが最後の一文でした。
ほとんど舞台は省略せずにやっていってたけど、もしあの文がなくなってたらどうしよう(´;ω;`)って不安だったのでした
でもさすが亜門さんと言うべきか、やっぱりあの一文入れてくれてて…!ちょっとうるっときたんだよね…
最後の「生きようと思った、」っていうのが本当に本当に溝口にとっては大事な一言なんだよね…!
きっと自分の言うように、世界を変えることができたんだろうなあって思いました。それが行為だったとしても認識だったとしても。

んで最後の演出で、溝口が客席に座って終わるんですよ。
そこ周辺のお客さんがごうくんファンだったらしく、すっごくざわざわしてました。笑
でもこの演出本当に良かった…!
ちょっとここからはわたしの勝手な解釈なんですが書かせてください。
今まで外の世界と壁があった溝口が、金閣を燃やすっていう行為によって世界というか自分を変えたと思うんです。
で、客席に座ることによって、溝口がお客さん(外の世界のひとたち)側に行けた、っていうことを表現したかったんじゃないかなあ、って思いました。
生きることに決めて、やっとみんなと同じになれたってことを表現したかったんじゃないかなあ…って思いました
なんかもう亜門さん天才(´;ω;`)
それと同時に、これは本当に演技がうまいひとたちじゃないと成り立たない舞台だなーと思いました。
途中音とか映像がホラーだったり、びっくりしたりで割とトラウマなんですが(笑)もう一度くらい見てもいいと思います^^でもあと一回でいいです^^重い


最後、カーテンコールのとこで拍手が鳴り止まなくて、3回くらい出てきたんだけど(笑)特に挨拶もなく、ありがとうございました!でおしまいでした…ちょっとコメントとか聞きたかった(´;ω;`)
ただ3回目くらいで大東さんは苦笑してました^^そりゃ何回も舞台と袖を行き来してたらね^^


なんだか長くなっちゃったけど書ききった満足感でいっぱいです!笑
もし読んでくれたひといたらありがとうございました!
いい舞台でした!千秋楽まで怪我なく終えられますように!ちょっと怪我しそうな要素がいっぱいあったので本当に気をつけてほしいです><
スポンサーサイト
暦は春ですが! | HOME | あたまがいたいよ!

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。